期待値って本当に収束するの?

にほんブログ村 スロットブログ 学生スロッターへ

こんばんは、がんじろうです(ノ∀`)

今回は、期待値の収束についてまとめてみました。

 

期待値ってなに?って方はこちらにまとめてありますので、読んでいただけると幸いです(ノ∀`)

 

 

期待値は収束しない?

 

 

そもそも、期待値の収束とは、なんなのでしょうか?

 

一般的に例えられるのもとして、サイコロがあります。

 

 

 

例えば、あなたがサイコロを6回振るとします。

そうした場合、1から6全ての目が1/6でサイコロを振る度に抽選されます。

そうした場合、全部1の目が出る可能性もあれば、全部6の目が出るかもしれません。

 

 

では、1の目が3回連続で出たと仮定した場合、残りの3回を振ったとき2から6の目が出やすくなるのかということです。

 

 

出やすくなりませんよね?

 

サイコロになんらかの細工がされていない限り、1の目が出る確率は1/6ですし、6の目が出る確率も1/6です。

1の目が何回連続で出ようが6の目が出る確率が1/5や1/4にはならないですよね?

 

 

 

パチンコ・パチスロもこれと同じことが言えます。

 

パチンコ・パチスロで例えると、仮に1年で期待値を100万稼いだとします。

しかし、収支がー100万だった場合、来年も期待値を100万稼げれば、来年の収支が+300万になるかというと、その考え方は間違っています。

 

 

1年間で稼いだ期待値と収支の差がー200万だったとしても、来年稼ぐであろう100万の期待値の価値は100万でしかありません。

 

サイコロの例で説明した通り、パチンコ・パチスロにおける期待値は過去にも未来にも影響を受けることはありません。

 

期待値を稼でも意味がない!?

 

 

これまでの文章を読んで

 

「収束しないなら期待値を稼ぐ意味があるのか?」

 

と思われた方もいると思います。

 

 

しかし、期待値を稼ぎ続けることこそが、パチンコ・パチスロで稼ぐことができる唯一の手段です。

 

 

 

それは、なぜか?

 

 

 

長期的に期待値を稼ぎ続けることができれば、短期的な欠損や余剰はとるに足らないものとなっています。

 

短期的な欠損や余剰が、未来に影響し勝ちやすくなったり、負けやすくなったりすることはありませんが、試行回数を重ね期待値を稼ぎ続け、収支を確実にプラス域まで持ってくることが収束であり、勝ち続けることができる唯一かつ最強の立ち回りであると僕は考えています。

 

かなり下手くそな文章ですが、ご理解いただけたでしょうか?

質問や感想などは、こちらかページ下部のコメント欄で随時受け付けております(ノ∀`)

ささいなことでも構いません!お待ちしております(ノ∀`)

 

スポンサードリンク

One Response to “期待値って本当に収束するの?”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ