ハナハナ鳳凰 設定差・設定判別要素

ハナハナ鳳凰

ハナハナ鳳凰のスペックや設定差・設定判別要素についてまとめました。

BGMの追加や上下同時フラッシュなど追加点はあるものの、設定判別要素についてはこれまでと変わらないと考えても良さそうです。

それではどうぞ^^

ハナハナ鳳凰 設定差・設定判別要素

スペック

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/299 1/469 1/186 96%
2 1/290 1/468 1/179 98%
3 1/277 1/434 1/169 101%
4 1/264 1/399 1/159 104%
5 1/250 1/368 1/148 107%
6 1/233 1/332 1/137 112%

BIG中のスイカ出現率(実践値)

設定 確率
2 1/64.0
3 1/43.3
4 1/37.3
5 1/34.6
6 1/30.6

REG中のサイドランプ(実践値)

設定
2 40.0% 60.0%
3 66.7% 33.3%
4 12.5% 87.5%
5 55.0% 45.0%
6 67.6% 32.4%

あると便利!設定判別ツール

2015y09m22d_020838091

>>スロマガの設定判別ツール

ボーナス確率について

ボーナス確率はREG確率の方がBIG確率より設定差が大きいので、基本的にはREG確率を重視していったほうが良いかなと思います。

ただ、少ない試行回数ではほとんど当てになりませんし、BIG確率にもしっかりと注目しておく必要がありますね^^

BIG中は高設定ほどスイカ出現!

実践値ではありますが、BIG中のスイカは高設定ほど出現したようです。

これまでのシリーズを考えるとおそらく設定差がある要素だと思うので、カウントしておくといいかもしれません。

ただ、スイカの出現率がいいからといって、それだけで追うのは危険かなと思います。

REG中のサイドランプで奇遇判別はできる?

こちらも実践値ですが、奇数設定と偶数設定の示唆をしているようです。

左が奇数示唆、右が偶数示唆となっていて、割合はおそらく6:4と4:6かなと。

実践値では設定6も左に寄っていますが、これまでと同様に1:1の可能性が高いと思います。

また、今作では新たにサイドランプの色が追加され、
「黄>緑>赤」の順に設定示唆がされているようです。

ただ、詳しい解析は出ていないので赤に光っても過信が禁物ですね^^;

他の判別要素も踏まえたうえで設定判別していくのが良いかなと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ