トラップカード発動!2万枚を排除せよ!

ZqvXJfZufTL2JZu1443095625_1443095644

どうも、がんじろうです(ノ∀`)

AT機・ART機で2万枚を超える可能性のあるような射幸性の高い機種を優先的に撤去していくという話が出ているようです。

今回は撤去される可能性のある機種と自分なりの考えをダラダラと書いていこうと思いますw

撤去の可能性のある機種

rugUMbLLbsWZdvH1443096393_1443096399
※クリックで拡大

結構見にくいので詳しく知りたい方はちょんぼりすたさんが分かりやすくまとめてくださっていたのでそちらをご覧ください^^

2万枚を越えるAT・ART機の撤去リスト一覧

もうホールで見かけることがほとんどない機種も多いですが、個人的に1番ショックだったのは「バジリスク絆」。

北斗転生も導入から2年以上たった今でも稼働はそこそこついていますし、強敵の導入もあったりしてこれからが頑張りどころだと思うんですけどね、、、

この機種が2万枚出る可能性があるなら、ホールがすっからかんになるんじゃないかというような機種もありますね^^;

また、撤去の基準も「2万枚」を基準にしているみたいですが、どうしてマキバオーやひぐらし煌が入っていてジャグラーが入っていないのかが分からない。

それくらい基準があやふやですね^^;

2016年末に優先的に撤去ということなので、約1年3ヶ月後までに低純増ART機やAタイプの支持を集めることが出来るかが重要になってくるんですかね?

遊技人口は減る一方?

いつからか「○○規制」という言葉がどんどん出てくるようになりましたね。

同時に高設定が使われやすくなるといったようなこともよく見かけるようになりましたが、おそらくほとんどの方がこういったことを実感できていないのではないでしょうか?

地域性やホールの読みなども含めてもですね。

ある種、こちらが勝手に期待していただけなわけですが、そういった意味では裏切られ続けているわけです。

なので個人的には規制があったからといって期待できるようなことはないのかなと思いますね^^;

規制どうこうではなく、ホール、メーカー、規制攻撃をし続けている警察が一丸となって業界の向上を目指していかないかぎり無理かなと、、、

根底には公営ギャンブルではないのでメーカーも従うしかないのかなと思いますが、今後も支持されている部分を規制していくのであれば遊技人口は減っていくのではないかなと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ