がんじろう講座~期待値・天井狙いについての考え方~

今回は、スロット好きなら1度は聞いたことがあるであろう期待値について解説させていただきます!

この期待値についてしっかりと理解することができ、実行できればかなり負けにくくなると思います。

 

・期待値とは

 

パチスロにおける期待値とは、

「ある一定の条件で何万回、何十万回とそれを繰り返し行った時の平均値」のことです。

 

 わけわかんないですよね笑

 

 

 

 

 

なので例を出して説明していきます!

 

仮に天井が1000GのAという機種があるとします。

その機種の天井期待値が

200G~ -1000円

300G~ -200円

400G~ +500円

500G~ +1300円

600G~ +2000円

700G~ +3000円

800G~ +4000円

 

*空想上の機種なので天井が1000Gだと必ずこの期待値になるということではありません!

 

こうなっていた場合、200Gから当たるまで打ち、一定のゲーム数でやめるというのを何万回と繰り返し、一回あたりの平均収支が-1000円ということになります。

平均収支がマイナスということは、打ってはダメですよね?

 

逆に、800Gからは+4000円になっているので、見つけたら打つべきです!

 

 このように期待値の高い台を繰り返し打っていくことで、収支が安定してくるんです。

これでなんとなくは、期待値がプラスの台を繰り返し打っていけばいいということが分かりましたか?

 

 

 

 

先ほどのAという架空の機種の期待値がありましたが、最初に言ったようにパチスロにおける期待値とは、

「ある一定の条件で何万回、何十万回とそれを繰り返し行った時の平均値」のことなんです。

 

 

ネットなどで公開してある期待値の多くは、

設定1・モード不問で計算してあります。

 

 

もう感のいい方は気がついたんじゃないでしょうか?

 

そうです!

期待値は、設定・状態・閉店までの残り時間などによって変わってくるんです!

 

同じゲーム数から設定1と設定6を打ち始めて平均収支が同じはずがないですよね?

閉店まで残り1時間と残り10時間ある場合も、残り1時間の方は残り10時間の期待値に比べると格段に低くなります。

 

 

なので、期待値が高い台が落ちていたとしても、上記の事を考えて打つか打たないか決めなくてはいけません。

 

 

 

・天井狙いの間違った考え方

 

天井狙いをすれば、天井恩恵などもあるし、勝つ金額が増えるのでトータルで見れば収支がプラスになる!

 

 

 

これは間違いです!

 

天井恩恵が強い機種であれば、天井から一撃万枚などもあるかもしれませんが、

天井まで連れて行かれたら負けてしまうことが多いです笑

 

 

天井狙いの本質は

「負け額を最小限に抑えることができる」ことです。

 

大きく負けなくなることでトータルで見れば収支がプラスになるのです。

 

 

期待値・天井狙いについてご理解いただけたでしょうか?

以上でがんじろう講座終了です!笑

 

期待値の収束についてはこちらをご覧下さい(ノ∀`)

 

スポンサードリンク

8 Responses to “がんじろう講座~期待値・天井狙いについての考え方~”

  1. […] 期待値ってなに?って方はこちらにまとめてありますので、読んでいただけると幸いです(ノ∀`) […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ