ニューキングハナハナ 設定判別要素・設定差まとめ

にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ

どうも、がんじろうです(ノ∀`)

ニューキングハナハナの打ち方と、設定判別に必要な以下の6つの要素についてまとめました^^

 
  • ボーナス確率
  • 通常時のベル確率
  • BIG中のスイカ確率
  • REG中のサイドランプ
  • ボーナス後のパネルフラッシュ
  • レトロサウンド発生率
 

それではどうぞ(^^)


ニューキングハナハナ 打ち方

通常時

・左リール枠上or上段にBARを狙う。
⇛スイカが滑ってきたら中・右リールにもスイカを狙う。
⇛チェリー停止時は中・右リール共に適当打ちでOKです(^^)

BIG中

リール横のサイドランプ点灯時は通常時と同様の打ち方で、
チェリーとスイカをフォロー。

上記以外は適当打ちでOKです(^^)

REG中

左リール中段に白7をビタ押しし、成功したら中・右ともにスイカを狙とサイドランプが光ります。
(サイドランプでの判別は以下に書いてあります。)

失敗してもREG中であれば何度でも挑戦することができます^^

成功した次ゲームからは適当打ちでOKですが、
左リール中段に白7が止まりスイカをこぼすのを防ぐために、左リールはBARか赤7を目安に消化するのがいいと思います♪

 

あると便利!設定判別ツール

設定判別ツールを利用すると高設定をツモった時の後押しやツモれなかった時の引き際などを客観的に判断することができるので便利です。

Zn4K59iQfKzN_361426174543_1426174561

このように全て数値化して出してくれるので設定狙いも狙いやすくなるのかなと思います^^

>>スロマガの設定判別ツール

ニューキングハナハナ 設定差・設定判別要素

ボーナス確率

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/303 1/504 1/189 96%
2 1/293 1/474 1/181 98%
3 1/281 1/439 1/171 101%
4 1/268 1/407 1/161 104%
5 1/255 1/374 1/151 107%
6 1/234 1/336 1/138 112%
 

通常時のベル確率(実践値)

設定 ベル確率
1 1/7.48
2 1/7.37
3 1/7.32
4 1/7.35
5 1/7.24
6 1/7.19
 

BIG中のスイカ確率(実践値)

設定 スイカ確率
1 1/50.13
2 1/46.02
3 1/40.10
4 1/38.11
5 1/34.10
6 1/31.95
 

REG中のサイドランプ(解析値)

設定 両方
1 59.08% 39.36% 1.56%
2 39.26% 58.98% 1.76%
3 58.89% 39.16% 1.95%
4 39.06% 58.59% 2.34%
5 58.40% 38.87% 2.73%
6 48.44% 48.44% 3.13%
 

ボーナス後のパネルフラッシュ(解析値)

BIG後
設定 通常 フリーズ発生時
1 9.77% 19.53%
2 10.55% 21.09%
3 11.52% 23.05%
4 12.70% 25.39%
5 14.06% 28.13%
6 15.63% 31.25%
REG後
設定 通常 レトロサウンド発生時
1
2
3 0.20% 3.13%
4 0.39% 6.25%
5 0.59% 9.38%
6 0.78% 12.50%
 

レトロサウンド発生率(解析値)

設定 BIG REG
1 6.25% 3.13%
2 7.03% 3.52%
3 7.81% 3.91%
4 9.38% 4.69%
5 10.94% 5.47%
6 12.50% 6.25%

レトロサウンド発生条件

・87G以内のBIGの一部
・BIG2連以降の87G以内のREGの一部
※一部=上記の確率

レトロサウンドの種類

・赤BIGor赤REG
初代ハナハナのBGM
・白BIGor白REG
スーパーハナハナのBGM

niPuclQ0DpTYh291440150044_1440150050

REG確率に設定差大!!

以前までのハナハナシリーズ同様、REG確率に設定差があり、
設定1で1/504、設定6で1/336となっています。

大きな設定差がある要素なので、注目しておきましょう^^

ただ、あまり回ってない台だと参考程度にしかならないので、
合算確率やその他の判別要素と合わせて判別していきましょう♪

 

高設定ほどベル確率がいい!?

上記の確率は実践値なのですが、これまでのシリーズ同様、
ベル確率に設定差がある可能性は高いかなと思います^^

ただ、設定差はあまりないので、補佐的な役割として捉えておいたほうがよさそうですね(^^)

 

BIG中はスイカに注目!

BIG中は高設定ほどスイカの出現率が高くなっています

実践値では、設定1で約1/50設定6で約1/32となっているので、
BIG中の取りこぼしやハズレがなければ、
だいたい設定1でBIG2回でスイカ1回、
設定6だとBIG3回でスイカ2回くらいが目安ですね^^

計算する場合は、
【BIG回数×24+取りこぼし+ハズレ回数÷BIG中のスイカ回数】
で分子の部分が出せます♪

 

REG中のサイドランプ比率は設定6のみ1:1

REG中のサイドランプの比率は、
奇数設定が左が約6割、右が約6割、
偶数設定が左が約4割、右が約6割の確率で光るのですが、
設定6のみ左と右の比率が1:1となっています。

また、左右両方光る確率は高設定ほど高くなっています。

ただ、そもそもREG確率が重たいだけにあまりサンプルがとれないので、
比率が1:1だったからといってあまり過信するのは危険ですね^^;

極端にどちらかに偏っている場合は、奇遇の判別に使えるので
奇遇判別の要素として判別していくのがいいかなと思います(^^)

 

REG終了後のパネルフラッシュで設定3以上確定!!

ボーナス終了後のパネルフラッシュは、高設定ほどほど出現しやすく、
REG終了後に発生すれば設定3以上が確定します。

通常・フリーズ発生時・レトロサウンド発生時などで、パネルフラッシュ発生率は変わってきますが、
BIG終了後は、設定1で約10回に1回、
設定6で約6~7回に1回発生することになりますね^^

REG終了後に複数回確認できれば、高設定の期待がかなり高まるんじゃないかなと思います(^^)

 

高設定ほどレトロサウンドが聞ける!

レトロサウンド発生率は、設定1と設定6で約2倍の設定差がありますが、
発生条件があり、REG中のサイドランプ同様サンプルがあまり取れないことが多いのです^^;

ただ、カウントはしておいたほうが設定判別の精度は上がりますね(^^)

計算式は、
BIGの場合【87G以内のBIGでのレトロサウンド発生回数÷87G以内のBIG回数×100】
REGの場合【BIG2連以降の87G以内のREGでにレトロサウンド発生回数÷BIG2連以降の87G以内のREG回数×100】でOKです♪

 

にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ