掛け持ち遊戯は期待値があるのか?

 

にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ

 

 

どうも、がんじろうです(ノ∀`)

最近、僕の地域では掛け持ち遊戯が目立つようになってきたので、掛け持ち遊戯は本当に期待値があるのか考えてみました。

 





 

ハイエナスロッターのマナーについては、この記事でも書きましたが、基本的にハイエナとうい手法は一般のお客さんからは嫌われます。

店員さんからも、同じようなイメージを持たれていることも多いですね。

これは、「ハイエナ=マナーが悪い」というイメージが強くあるからだと思っています。

 

もちろんハイエナをしているすべての方のマナーが悪いわけではなく、一部の方の「軽率」な行動でそのようなイメージが持たれています。

あえて「軽率」という言葉を使いましたが、今回例に挙げるのはタイトルにもある通り掛け持ち遊戯についてです。

 

一般のお客さんで掛け持ち遊戯をしている方も見かけますが、ハイエナスロッターの掛け持ち遊戯のほうが圧倒的に目立ちます。

「人と違うこと」をしているので、これは当然のことですよね。

 

掛け持ちをすることで、現状だけを見れば期待値を多く積むことができるかもしれません。

ですが、先のことを考え長い目で見ればどうでしょうか?

 

 

マナーの悪さというのは、業界の衰退につながります。

ホールが一般のお客さんをとるか、ハイエナスロッターをとるかとなったら、間違いなく一般のお客さんを選ぶでしょう。

これは当然のことです。

 

現にマナーの悪さが目立つようになったホールではリセット状況が厳しくなり、僕も先日想定外のリセットをくらいました。

ホールとの信頼関係が壊れることによって、今まで据え置きだったゲーム数でもリセットされるケースもでてきます。

一概にマナーの悪さからリセット状況が厳しくなったとは言えませんが、大きな原因の一つであると思います。

 

 

ということは、おそらく掛け持ち遊戯をしている方は多くの期待値を積めると思ってやっているのでしょうが、完全な間違いになりますね。

自分で自分の首を絞めるだけで、なんの得もありません。

 

「勝っている」ではなく、「勝たしてもらっている」という意識を持つことが大切だと思います(ノ∀`)

 

 

いつも応援ありがとうございます^^

にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ