鉄拳3rd~リセット判別、リセット・据え置き挙動~

にほんブログ村 スロットブログ 学生スロッターへ

鉄拳3rdのリセット判別・リセット後の挙動についてまとめました。

この台のリセットは強力なので積極的に狙っていきましょう!

 

 

リセット後の挙動
・天井までのゲーム数:リセット

・モード:再抽選

・状態:再抽選

・滞在ステージ:ランダム

・リセット恩恵:リセット後は、天井ゲーム数が500Gとなり、ゲーム数でのゾーン当選率UP!

 

 

 

据え置き時の挙動
・天井までのゲーム数:引き継ぎ(液晶表示は0G)

・モード:引き継ぎ

・状態:引き継ぎ

 

 

 

リセット判別

 

鉄拳ゾーン突入ゲーム数から判別!

リセット後は、90G~110Gで鉄拳ゾーンへ移行することが多いのでこのゲーム数で鉄拳ゾーンへ移行した場合は、リセット濃厚となります。

90Gより手前、または当日のゾーン以外でで移行した場合は、据え置きが濃厚になります。

 

リセット後は天井が500Gとなるので、500G以上ハマれば据え置きが確定となります。

また、前日ゲーム数と当日ゲーム数を合わせて500Gを超えてから、鉄拳ゾーンへ移行した場合はリセットが濃厚となります。

 

ゲーム数解除ゾーン
90-100G

190-210G

290-310G

500-510G(リセット時天井)

777G(天井)

 

 

リバースロックから判別!

 

鉄拳3rdは、500Gを超えた場合、リバースロック発生率が20倍になります。

これは、リセット判別に使うしかないですね!

 

レア役から頻繁にリバースロックが発生するようなら、据え置きが濃厚になります。

前日ゲーム数がわかっているとかなりの確率で見抜けるかと思います。

 

 

リセット判別は、設定狙い時・天井狙い時などをする際に非常に重要になるので、よく鉄拳3rdを打つ方は覚えておいたほうがいいかもしれませんね。

 

関連記事

鉄拳3rd解析まとめ

 

スポンサードリンク

One Response to “鉄拳3rd~リセット判別、リセット・据え置き挙動~”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ